泣きたい私は猫をかぶる:評価・レビュー

映画のあらすじ

評価★ 
オススメ
笑い
感動
スリル
恐怖

「私はあなたの力になりたい好きって言われたい。」
元気でお転婆な少女のあだ名は無限大謎人間を略して「ムゲ」。
大好きな男の子「日之出」への全身全霊アタックはいつもスルー。

そんなムゲが迷い込んだのは人間でいることをやめた猫たちの島だった。
「いらっしゃい。つけてみるかい?」
誘われ手に入れたのは不思議な猫の仮面。
その仮面には猫になる魔法の力が隠されていた。

日之出に会うためムゲは猫になる。
猫としてのムゲの名前は「たろう」。
日之出はたろうで居るとき普段では見せない笑顔で話しをしてくれる。
「たろうだったらこんなに好きになってくれるんだね。」

人間に戻っても苦しいだけ。
自分にとって何が大切なのか失ってから気づく。
伝えたい思いがあるのに伝えられない。
「これは大好きな君に会える魔法のはずだったのに。」

大好きな男の子に会う為にムゲが猫になるちょっと不思議な物語。

詳細情報

「ペンギン・ハイウェイ」のスタジオコロリド制作のNETFLIXオリジナルアニメ映画。
監督は「美少女戦士セーラームーン」や「おジャ魔女ドレミ」などの佐藤順一と本作で長編監督デビューをする柴山智隆。
さらに脚本は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「心が叫びたがってるんだ。」など大ヒット作を生み出した岡田麿里が務める。
声優には志太未来と花江夏樹がダブル主演に山寺宏一と豪華なキャスティング。

感想

ジブリの「耳をすませば」にオマージュされているような内容でした。
個人的には作品自体は嫌いではないのですが、主人公の性格が残念に感じます。
ただ世界観や絵・音楽が良く、見心地は悪くないのであまり深く考えずさらっと見るのには良い作品です。
あと少し違えば最高の映画になっていたかもしれません。惜しい。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました